越谷市議会議員はっとり正一.COM

道路舗装プロジェクトは、歯科医院の待合室から始まった(相模町2丁目)

投稿日:2020年8月2日

 歯科医院の待合室で順番を待っていると、たまたま隣に座っていたご婦人から「私の家は、この歯科医院の脇の道路に面しているけど、私道のために長年にわたり未舗装のままで、雨の日は水が溜まって大変。何とか舗装できないかしら。」と、ご相談を受けました。

 私道のままでは市が舗装工事を行うことは出来ませんので、市道に変更する必要がありますが、変更のための権利調整が複雑な場合が珍しくなく、また道路拡張に必要な土地の提供に関する沿道住民の合意形成が容易ではないことから、安請け合いは出来ません。ご相談を受けた私道もその例外ではなく、住民の皆さんとの協議は難航する場面もありましたが、市役所の担当課による粘り強い調整の効果もあって合意形成に至り、市議会における所定の手続きを経て、私道を市道に変更したうえで舗装工事を実施いたしました。

 待合室におけるチョットした雑談が、長年の課題であった道路環境の改善につながりました。